トップページふるさと宮城>宮城まちしるべ

宮城まちしるべ

大崎市

こちらの掲載内容は、2008年7月時点での情報となります。
掲載市区町村一覧へまちしるべMAPへ

地名の由来

「大崎」………・大崎市・加美郡・遠田郡一帯の広域地名で、中世に関東よりこの一帯に移住した豪族・大崎氏に由来しています。大崎氏は室町時代に奥州探題に任ぜられ大いに権勢を誇りましたが、豊臣秀吉の時代に伊達氏の領土となりました。

みどころ

写真

鳴子温泉郷

奥州三名湯のひとつである鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つからなる温泉郷です。「湯めぐりチケット」で泉質豊富な温泉のハシゴが楽しめます。

アクセス方法:
古川駅より鳴子温泉駅まで約45分

写真

鳴子峡

高さ100mほどの絶壁が約2.5km続く峡谷です。10月~11月の紅葉期は特に美しく、JR陸羽東線では見頃の時期に限り徐行運転を行い訪れるお客様を楽しませてくれます。

アクセス方法:
陸羽東線鳴子温泉駅より徒歩20分

写真

リゾートパークオニコウベ

栗駒国定公園内に位置する通年型総合リゾートエリアです。夏はゴルフやテニス、冬はスキーやスノーボードと、雄大な山々に囲まれた環境で四季折々の高原レジャーを楽しめます。

アクセス方法:
陸羽東線鳴子温泉駅よりバス40分

写真

旧有備館及び庭園

岩出山伊達二代宗敏の隠居所として建てられ、後に学問所として使用されました。樹齢300年以上の樹木が茂る廻遊式池泉庭園とともに国から昭和八年史跡・名勝の指定を受けています。

アクセス方法:
陸羽東線有備館駅より徒歩1分

写真

ひまわりの丘

7月下旬から8月中旬にかけ、「ひまわりまつり」が開催され約42万本のひまわりが6haの畑いっぱいに咲き誇ります。春の4月下旬から5月上旬には「菜の花まつり」も楽しめます。

アクセス方法:
陸羽東線古川駅よりバス30分→徒歩10分

写真

酒ミュージアム

酒蔵をイメージした外観の建物で、松山に古くから伝わる酒づくり(醸造)の工程、道具等を展示しています。隣接した「華の蔵」では物産の購入ができます。周辺地域は城下町の趣があります。

アクセス方法:
東北本線松山駅より車で5分

写真

食の蔵・醸室

江戸時代に建てられた酒蔵を、趣を残しつつモダンに改装した商業施設です。大小10棟ほどの蔵の中には,個性豊かな飲食店や雑貨屋、文化施設等があり、広く利用されています。

アクセス方法:
陸羽東線古川駅よりバス5分徒歩3分

写真

岩出山バルーンフェスティバル(岩出山)

全国各地からバルニストが集い江合川あったか河川公園を会場に熱戦が繰り広げられます。また、係留気球体験試乗や、パワーパラグライダー東日本大会等が開催されています。

開催日:11月下旬

写真

鹿島台互市

奥州一宮として知られ、安産守護、海上安全、大漁満足の神として信仰を集めています。景勝の地としても多くの参拝者が訪れます。

開催期間:4月中旬、11月中旬

写真提供:大崎市/宮城県産業経済部観光課
お問合せ:大崎市産業経済部デスティネーションキャンペーン局 0229-23-7097