トップページふるさと宮城>宮城まちしるべ

宮城まちしるべ

村田町 人口・面積

こちらの掲載内容は、2009年4月時点での情報となります。
掲載市区町村一覧へまちしるべMAPへ

地名の由来

村田町のシンボルである蔵王連峰は古くからの山岳信仰の対象であり、吉野の蔵王堂より蔵王権現を勧請してもらい、蔵王山頂にある刈田嶽神社と、麓の刈田嶺神社に併置したことが名前の由来となっています。

みどころ

写真

龍島院庭園

伊達政宗公7男宗高廟。京都「詩仙堂」の庭園美を呈した池泉式庭園は、特にツツジやサツキの咲く時期が見ごろです。

アクセス方法:
村田ICから約2分

写真

蔵の町

江戸末期から、昭和初期までの間に建築された、多くの蔵が道の両側に残る町並み。古くから仙台と山形を結ぶ街道の商都として栄えてきた様子がうかがわれます。

アクセス方法:
村田ICから約2分

写真

村田町歴史みらい館

展示品や映像で村田町の歴史や文化を紹介します。また年間を通じて様々な企画展を開催しています。

アクセス方法:
村田ICから約1分

写真

村田町姥ケ懐民話の里

地元でとれたそばを使用した手打ちそばが味わえます。民話伝承館、物産コーナー、夫婦水車、飲食コーナーなどもあります。

アクセス方法:
村田ICから約7分

写真

スポーツランドSUGO

世界有数のモータースポーツ施設です。2輪では全日本ロード・モトクロス、4輪はスーパーGTなど、最高峰レースを開催。又、子供から大人までモータースポーツを体験できるSUGOスポーツスクールも実施しています。

アクセス方法:
村田ICから約10分

写真

白鳥神社

境内には樹齢約1000年といわれる巨木群が悠然とそびえています。特に藤の木は、大杉に巻き付く姿が大蛇のように見えることから、「奥州の蛇藤」と呼ばれています。

アクセス方法:
村田ICから約2分

イベント

写真

布袋まつり

約800年の伝統をもつ村田町の伝統芸能。山車に乗った布袋人形(背丈は2mを越す)を下で人があやつり手や頭を巧みに動かし、笛や太鼓に合わせて踊りながら町を練り歩く山車まつりです。

開催日:10月中旬

場所:蔵の町並み等の町中心部

写真

みやぎ村田町蔵の陶器市

蔵の町並みの店蔵などを活用して、東北・関東各地から約70人の陶芸家が集まり、陶器の展示販売が行われます。「蔵」と「陶器」が調和して互いの魅力をさらに引き出します。

開催日:10月中旬  
場所:蔵の町並み

名産

写真

そらまめ

村田町のそらまめは、県内で2位の生産量を誇り、お菓子などの加工品も人気があります。

写真提供:宮城県経済商工観光部観光課/村田町
お問合せ先:村田町役場 0224-83-2111