トップページふるさと宮城>宮城まちしるべ

宮城まちしるべ

こちらの掲載内容は、2007年8月時点での情報となります。
掲載市区町村一覧へまちしるべMAPへ
「気仙沼」………「気仙沼」は古く「計仙麻」と書かれていたことが、平安初期成立の「日本三大実録」の表記などに見られます。語源については、アイヌ語説など諸説ありますが、定かではありません。
写真 写真
大島
気仙沼湾内に位置する東北最大の有人離島。全島が一望できる亀山、踏むと砂の鳴る十八鳴浜、竜舞崎、小田の浜海水浴場などの名所があります。
海鮮市場「海の市」
新鮮な魚介類や地場産品の販売、サメの生態を学べるリアス・シャークミュージアム、氷の水族館など、気仙沼を満喫できる施設です。
リアス・アーク美術館
気仙沼・本吉広域圏で育まれた文化資源を美術的視点から展示するアークギャラリーです。
アクセス方法
気仙沼駅よりバス7分、徒歩2分、エースポートより船25分
アクセス方法
気仙沼駅より気仙沼線南気仙沼駅へ7分、徒歩10分
アクセス方法
気仙沼駅から徒歩10分バス停留所「化粧坂」から約13分
写真    
徳仙丈山
本吉町の北側に位置する徳仙丈山は、標高711mと町内で最も高い山で、山頂からの眺めはまさに絶景。北に室根山、南に金華山、西に栗駒山、東は紺碧の太平洋と、雄大な景色が眼下に広がります。
   
アクセス方法:JR気仙沼線 本吉駅より車で30分中腹の駐車場までは車で上ることができますが、山頂までは尾根沿いの遊歩道を徒歩で登ります。    
写真
気仙沼みなとまつり
航海の安全と大漁を祝うまつり。「海の道」と呼ばれる内湾沿い一帯を中心に、パレードや打ばやし、「はまらいんや踊り」、花火大会等で賑わいます。
気仙沼天旗まつり
古くから気仙沼地方では凧のことを「天旗」と呼び親しんできました。朝日町商工岸壁で行われるまつりでは小さな凧から大きな凧、連凧まで、様々な凧が空を舞います。
山田大名行列
文政4年(1821年)から現在まで受け継がれてきた本吉町無形民族文化財「山田大名行列」。3年に1度公開され、色鮮やかな半纏をまとい天下泰平、五穀豊穣などを願って行われる勇壮な行列です。
8月第1日曜日、前日土曜日開催 2月第3日曜日開催 開催期間: 10月第3土曜日・日曜日
写真  
ふかひれ
サメの水揚げは気仙沼が日本一。マグロ延縄漁業の際に取れたサメが多く、中華料理の高級食材として主に利用されます。
モーランドヨーグルト
品質・生産量共に東北一を誇ります。
お問い合わせ:農事組合法人モーランド
TEL 0226-43-9006
 
写真提供:気仙沼市観光課/宮城県産業経済部観光課/旧本吉町
お問合せ:気仙沼市観光課 0226-22-3438