トップページふるさと宮城>宮城まちしるべ

宮城まちしるべ

川崎町 人口・面積

こちらの掲載内容は、2009年3月時点での情報となります。
掲載市区町村一覧へまちしるべMAPへ

地名の由来

川崎町のシンボルである蔵王連峰は古くからの山岳信仰の対象であり、吉野の蔵王堂より蔵王権現を勧請してもらい、蔵王山頂にある刈田嶽神社と、麓の刈田嶺神社に併置したことが名前の由来となっています。

みどころ

写真

国営みちのく杜の湖畔公園

東北で初めての国営公園。彩りの広場では、常に10万本の四季折々の花々が彩られています。 人と豊かな自然とのふれあいをテーマに、様々なイベントを開催。 ローライダー用広場や貸しボートなども楽しめます。

アクセス方法:
山形自動車道・宮城川崎ICから車で5分

写真

笹谷街道

宮城県~山形県の最短路として、およそ1千年の昔から利用され、笹谷街道と呼ばれるようになったのは明治初期のころ。松並木をはじめ、そこかしこに、いにしえの香り漂う国道となっています。

アクセス方法:
山形自動車道・宮城川崎IC~国道286号線沿い

写真

峩々温泉・青根温泉(ががおんせん・あおねおんせん)

蔵王山の東麓標高800mの高地、濁川の谷あいに湧いている峩々温泉。青根温泉は標高500mの高原にある静かな温泉で、東方は展望が開け、太平洋や金華山までも遠望できます。

アクセス方法:峩々温泉/東北自動車道白石ICより蔵王エコーライン方面へ50分
青根温泉/宮城川崎ICより車で15分 

写真

セントメリースキー場

スキーに適したパウダースノーで、ビギナーからエキスパートまで楽しめるコースバリエーションは新鮮な驚きがあります。 周囲の設備も整い、ナイタースキーが楽しめます。 子供も大人も1日中大満足のゲレンデになりました。

アクセス方法:
山形自動車道・笹谷ICから車で2分

写真

野鳥自然の森公園

自然豊かな公園で、青根温泉郷を一望できるようになっています。公園内には、古賀政男先生の不朽の名曲「影を慕いて」の歌碑が建てられています。

アクセス方法:
山形自動車道・宮城川崎ICから車で15分

写真

滝前不動のフジ(天然記念物)

国内有数の古木で天然記念物として国の指定を受けた文化財、滝前不動のフジ。樹下を流れる渓流に小さな滝があることからこの名がつけられました。全体の根元周りは570cmの太さを持ち、我が国最大級のフジです。

アクセス方法:県道14号線~県道119号線仙台方面道路沿いに看板有

イベント

写真

支倉常長まつり

国際交流の先覚者「支倉常長」の功績を讃えるため毎年開催。 遣欧使節一行を再現した常長パレードをはじめ、支倉すずめ踊りなどの郷土芸能、また晴れの門出の船「サンファンバウティスタ号」を讃え、 祝い船歌謡大会も開催しています。

開催日:6月 場所:役場前広場

写真

青根温泉雪あかり

かまくらや雪のとうろうを飾り、その中にろうそくを灯し、冬の静かな一時を楽しむため毎年開催しています。ろうそくの光と真っ白い雪が織りなす幻想的な世界が広がり、無料コーナーの豚汁・甘酒で冷めた体を温めながら、その景色を楽しむことが出来ます。

開催日:2月 場所:青根児童公園

名産

写真

青根こけし

遠刈田こけしの流れを組む伝統的なこけしで、青根温泉で作られいてます。大きな顔に丸みをおびた胴そして温かな表情が特徴です。青根の各商店で求めることができます。

お問い合わせ
佐藤 忠 / TEL 0224-87-2613

写真提供:宮城県経済商工観光部観光課/川崎町
お問合せ先:川崎町役場 0224-84-2111(代)