トップページふるさと宮城仙台の歴史・観光>三居沢発電所

三居沢発電所

三居沢発電所は、宮城県仙台市青葉区荒巻字三居沢にある水力発電所です。
明治43年から運転を続ける歴史ある三居沢発電所をご紹介します。

~日本で最も古い水力発電所として、今も発電を続けています~


落差26.67mの水圧鉄管


発電所建屋 (国指定有形文化財)


水圧から電気を発生させる発電機

広瀬川の水を動力とする三居沢発電所は、山奥でなくダムもない、全国でも稀な市街地近傍にある発電所で、日本で最も古い水力発電所としても知られています。

三居沢発電所の前身は、明治21年(1888年)宮城紡績会社によって設立され、幾度かの変遷を経て、明治43年(1910年)には発電出力1,000kWに増強され、現在は東北電力株式会社が所有し、管理・運用を行っています。 積み重ねられた歴史の中では、明治35年(1902年)当時国内で全く生産できず輸入に頼っていたカーバイトの製造に成功するなどの出来事がありました。

現在の発電所建屋は、明冶41年(1908年)に竣工し、その後、変電設備が設けられ、今、目にすることができる三居沢発電所の形態となりました。 昭和53年(1978年)からは無人化され、仙台技術センターから遠隔監視・制御されています。
(建屋は、明り取り窓が特徴の木造平屋建で、平成11年(1999年)国の有形文化財として登録されました。)

水力発電は、発電時にCO2を出さない、自然のめぐみを活かした純国産の再生可能エネルギーです。 三居沢発電所を継承した東北電力株式会社では、自然のめぐみに感謝をしながら日々の水力発電の安定運転に努めているとのことです。

  • ●発電方式 : 水路式発電・流れ込み式
  • ●取水河川名 : 名取川水系広瀬川
  • ●当初の設備の運転開始年月 : 明治21年(1888年)7月
  • ●現行設備の運転開始年月 : 明治43年(1910年)7月
  • ●発電所出力 : 最大1,000kW
  • ●有効落差 : 最大出力時26.67m

~水力発電による点灯に成功してから120年以上の歳月が経ちました~

明治21年(1888年)宮城紡績会社工場内の水力を利用して、出力5kWの直流発電機で、工場内50灯、鳥崎山に1灯のアーク灯をともす。
明治27年(1894年)三居沢の水力発電を利用して仙台電灯株式会社が電灯事業を開始。仙台市内に365灯の電灯をともす。
明治33年(1900年)宮城紡績電灯株式会社により、出力600kWの発電機が設置される。
明治35年(1902年)三居沢で日本最初のカーバイトの製造に成功。
明治41年(1908年)現 三居沢発電所建屋竣工。
明治43年(1910年)現 三居沢発電所運転開始。(発電機出力1000kW)
大正元年(1912年)仙台市電気部に譲渡。
昭和17年(1942年)東北配電株式会社に継承。
昭和22年(1947年)変電設備を設け、現在の三居沢発電所の形態となる。
昭和26年(1951年)東北電力株式会社に継承。
昭和53年(1978年)遠隔監視・制御により無人化される。
昭和63年(1988年)三居沢電気百年館竣工。
平成11年(1999年)発電所建屋が、「国指定有形文化財」として登録される。
平成20年(2008年)発電所の関係機器及び資料群が、日本機械学会の「機械遺産」として認定される。
平成21年(2009年)経済産業省の「近代化産業遺産群」として認定される。

~隣接する三居沢電気百年館からは、大きなガラス窓越しに稼動する発電機を見ることができます!~

三居沢電気百年館は、東北の電気誕生から百年を記念し、発電所に隣接する形で昭和63年(1988年)に建てられました。 発電所の歴史資料展示に加え、発電を支える広瀬川の水と、その源泉である青葉山の豊かな森について楽しみながら学ぶことが出来ます。

●1F 三居沢電気百年ギャラリー

明治時代からの歴史をさまざまな展示品で紹介しています。

  • ・東北で初めて電気をつくった発電機(レプリカ)
  • ・電気と暮らしの歴史をテーマとした昔懐かしい電気器具の数々 など

●2F 水と森のアトリエ

水力発電を支える自然の豊かさを紹介しています。

  • ・カラクリ仕掛けのジオラママップや図鑑、わんぱく広場 など
  • ・水と森のテラスからは、三居沢発電所と周囲の自然を一望できます。

住所〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字三居沢16
電話番号022-261-5935
開館時間AM 10:00~PM 4:00
休館日毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始
アクセスバス:JR仙台駅より市営バス16番発「交通公園」行きで約15分
   → 「三居沢交通公園前」下車 → 徒歩約3分。
その他入場無料、館内に飲食施設はございません。
公式サイト http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/sankyozawa/

写真提供 : 東北電力株式会社