トップページふるさと宮城宮城の季節>仙台・青葉まつり

仙台青葉まつり

新緑の眩しい季節、杜の都・仙台を華やかに彩ります!

軽快で華やかに跳ね回るすずめ踊り、勇ましい武者行列や勇壮な山鉾の時代絵巻巡行など、 見ごたえ満載の「仙台・青葉まつり」。「仙台七夕まつり」や「SENDAI 光のページェント」と並ぶ仙台3大まつりの一つとしても親しまれています。

開催情報

江戸時代・仙台藩最大の祭りといえば、仙台祭でした。
この祭りは承応4年(1655年)に始まり、毎年9月17日に行われた東照宮の祭りで、藩をあげて行われ最大70基の山鉾が城下を練り歩きました(山鉾がでるのは藩主が仙台にいる年のみ)。
明治時代になると、これにかわって伊達政宗を祀って明治7年にできた青葉神社の礼祭(政宗の命日である5月24日に行われ、青葉祭りとも呼ばれた)が盛んとなりました。
特に明治18年の政宗公没後250年祭や、昭和10年の300年祭には多くの山鉾が市中に出て盛大に行われました。
しかし明治後期に電気の普及によって電線が巡行の障害となり、明治三十二年五月の仙台開府三百年を最後に青葉神社例祭は過去のものになってしまいました。
現在の青葉まつりは伊達政宗公没後350年を迎えた昭和60年に、長年途絶えていた青葉神社例祭を市民の祭りとして復活させたもので、現在では多くの市民や観光客を魅了しています。

 画像をクリックすると拡大します

慶長8年(1603)から400年の歳月を越えて伝統芸能として親しまれるようになった「仙臺すずめ踊り」。定禅寺通りで行われる宵流しでは、100を超える祭連が集まり、ダイナミックな演舞を繰り広げます。

甲冑姿の武者行列に続き、伊達政宗公を祀る青葉神社の神輿渡御、豪華絢爛多くの山鉾巡行にすずめ踊りの大流しが続きます。伊達政宗公の時代にタイムトリップしたような歴史絵巻の大パノラマをお楽しみください。

市民広場や勾当台公園、一番町通りには屋台や特産品などのお店が軒を並べます。おいしい食べ物に舌鼓を打てば、青葉まつりを満喫できます。

例年、伊達縁と銘うち、勾当台公園を会場に郷土芸能や青葉職人屋台、青葉寄席など城下町の縁日を彷彿させる催しが楽しまれています。

ビルの谷間を縫って轟音と白煙があがる迫力ある火縄銃の演武が披露されます。様々な陣形を組み、指揮者の合図と共に撃ちだされる迫真の演武は必見です。

 画像をクリックすると拡大します

お問合せ先 仙台・青葉まつり協賛会事務局
連絡先 TEL 022-223-8441 FAX 022-223-4941
mail info@aoba-matsuri.com
公式サイト http://www.aoba-matsuri.com

掲載内容は4月時点での主催者・公共機関からの情報をもとに作成していますが、変更になる可能性もありますので、お問合わせ先にご確認ください。

写真提供:仙台・青葉まつり協賛会